DCR
株式会社ドットコム・リレーションズ

モバコンシステムの機能と仕様

各コンテスト共通の機能と仕様

空メールを利用した自動会員登録システム
会員登録はユーザーが空メールを送信するだけで完了。
不正投票防止
携帯電話の個体識別番号を利用して同一端末からの多重投票を防止。

コンテストごとに設定可能な機能と仕様

コンテストは画像形式と文字形式から選択可能
コンテストの対象として画像を含む/含まないが選択可能。
画像形式コンテストでは写真コンテストなどを、文字形式コンテストでは川柳コンテストなどを実施可能。
コンテストのスケジュールを設定可能
開催期間・応募期間・投票期間・決勝戦の開始日時を分単位で設定可能。
コンテスト開始日時から応募開始の期間はティザー(開催告知)期として設定可能。
1グループあたりの投票時間の設定が可能
投票グループ生成から投票締め切りまでの時間を1次予選・2次予選・3次予選以上と、予選のレベルごとに分単位で設定可能。
グループ生成に必要な応募数を設定可能
応募がいくつか集まった段階で、投票グループを一つ生成するのか2~9の間で設定可能。
* 1グループに対し投票先をいくつ設定するのか、と同義
* 応募数を2に設定すれば、1対1による一般的なトーナメント形式でのコンテストを開催可能
1グループからの勝ち抜き数を任意に設定可能
1グループの中から上位何作品までを次の予選(または決勝)に進出させるのかを設定可能。
* 1グループの応募数を9で設定している場合、勝ち抜き数は1~8の間で設定可能
1応募につき3点まで画像を添付可能
画像形式のコンテストでは、1つの応募作品に対して同時に複数の画像でエントリー可能なように設定可能。
* 1で設定していれば、一般的な写真コンテスト形式が可能
* 2~3に設定するとこで、複数の画像を同じ応募作品内で扱うことが可能。被写体を多角度的に見る必要のあるコンテストの場合に有効
一人当たりの応募数を制限可能
コンテスト全体を通じて、あるいは1日での応募可能上限数を設定可能。
応募作品の審査が可能
不適切な応募作品が送られてきていないか、内容の審査を行うことが可能。
コンテスト途中で応募作品を失格にすることが可能
後から不適切な応募作品であることが発覚した場合、あるいはエントリー途中辞退の場合などに応募作品を失格扱いにすることが可能。
投票が行えるユーザーの設定が可能
投票を行うユーザーを会員(登録ユーザー)限定にするかどうかを設定可能。
予選と決勝戦を完全に切り分けて実施可能
予選が終了するとコンテストは自動的に決勝戦開始日時到来まで一時停止。また決勝戦を未実施にする設定も可能。
* オーディションコンテストなどで、決勝戦をイベントとして別の会場で開催させるような形式にも対応可能
決勝戦での表示オプションの設定が可能
決勝戦開催中に現在の順位/得票数を表示するかどうかをそれぞれ個別に設定可能。

オプションで設定可能な機能と仕様

段位の設定が可能
コンテスト入賞者に対して段位(成績に応じた特定の称号)を付与することが可能。
段位はユーザーごとの戦歴として累積加算されていくため、コンテストを継続して開催する際にユーザーの囲い込みが行えます。
会員ポイントの設定が可能
会員(登録ユーザー)に対して応募や投票、入賞時に会員ポイントを付与することが可能。
また会員ポイントを使用して懸賞に応募可能となります。
抽選会の開催が可能
会員ポイント設定との併用で抽選会の開催が可能。
一定ポイントを獲得した会員(登録ユーザー)限定で抽選トーナメントが開催出来ます。
抽選で賞品を与えることによって登録会員に大きなメリットを与えます。
メールマガジンの発行が可能
会員(登録ユーザー)に対してメールマガジンを発行することが可能。
この機能により、会員(登録ユーザー)に対して効果的に情報を発信していくことが出来ます。
アンケート機能
一般的な定量アンケートが実施出来ます。モバコンシステム特有の定性アンケート機能と組み合わせることによって、有効なデータ収集が出来ます。

モバコンシステム(ケータイコンテストシステム)動作環境

コンテスト機能対応機種
[docomo] FOMA iモード対応機種
[au] WIN EZweb対応機種
[SoftBank] Softbank3G Yahoo!ケータイ対応機種
[iPhone] 3G以降
[iPad] 3Gモデルのみ。Wi-Fi モデル非対応
[android] 2.1以降
 ※(いずれも一部機種を除く。 PCサイト用ブラウザには対応しておりません)
 ※(WILLCOM / イー・モバイルの端末は対応しておりません)
 ※(一部スマートフォンは対応しておりません)
管理画面動作環境
[Internet Explorer] 6.0以降
[Firefox] 3.5以降
 ※(上記以外のブラウザでの動作については保証いたしません)

<< モバコンシステムの活用例 導入のメリット >>